オザワミツグ演劇 上演記録

オザワミツグ演劇 第一回お披露目

人を殺して生きている

花まる学習会王子小劇場 2018.06.27 水 ~ 07.03 火

いじめられっ子といじめっ子とその家族性的虐待をされている姉妹不倫関係にある男女 援助交際をする教師とその女子高生巻き込まれる方々 一つの事件をきっかけに、交わり合い、崩れていく。-きっとそのままで良いと思っていた。皆、幸せになる為に何かを殺して生きている。オザワミツグが伝えたい、純愛と殺人の噺。

オザワミツグ演劇 第二回お披露目

わたし、不合格

Theatre新宿スターフィールド 2018.10.30 火 ~ 11.06 火

そこに、売れない小劇場の女と殺人犯の兄がいる男がいまして。皆、生きることが解らないでいて。何で自分は生きていないといけないのか。   何故、周りの人達は生きているのか。死にたい忘れたいつまらない出来ない  でも傍に居てくれる人は確かにいた。いた。

認められない人達へ  オザワミツグが伝えたい   わたしたちが、逃げなくなる為の物語

オザワミツグ演劇 第三回お披露目

​どうも、セックスよ、こんにちは。

シアター風姿花伝 2019.4.24 水 ~ 4.30 火

「セックスをすれば、生かします。しなければ 、殺します。」 ​ ​ 思い知れ。東京への修学旅行に向かう途中の航空機内で、 都知木彩喜(女子高校生)は生きたいと思いました。ハイジャック犯が私を殺すと宣言したのだ。 でも要求に応えれば、生き残してやってもいいと。それは乗客の中で誰かと。 男と女でセックスをしろ。というものだった。何かを求めるわたし達へ、皆が幸せになる為の、セックスのお話。

オザワミツグ演劇 第四回お披露目

世界でひとり落ちてだけじゃないのかもよ

Geki地下Liberty 2019.8.31 土 ~ 9.8 日

高校生の時、ひょんなことから私は虐められることになった。  私が世界で一人でいると、落ちたからだ。それから8年、今、ひょんなことから風俗嬢をすることになった。風俗嬢になった理由は奨学金を払う為と、もう一つ。いつも私につきまとう、この男を昇天させない為だ。  この男を気持ち良くさせる事は出来ないし、自分もまたしかりだが、いい。あ。また、大きな大きな地震が起きた。森にあるラブホテルに逃げ込んだよ。私は一生懸命、考えてみた。その結果がこれなのだ。あなたを心の底から愛しています。ほどよくほどよく、理不尽だと感じることを抱きしめて。生きてゆくよ。   あなたが好きな沼田心彩より  

地震による大災害が起きた後の日本を生きる人達の話。

​作・演出・監督・俳優  オザワミツグ主宰|演劇制作|映像・映画制作|俳優ワークショップ|オザワミツグ演劇 公式ホームページ

Copyright © 2020 by OZAWA MITSUGU ENGEKI  All rights reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now